民泊・古民家再生

古民家再生プロジェクトとは?

古民家を再生させてもう一度、賃貸物件として再利用しよう!というプロジェクトです。
思い出の家や潰すにはもったいない長屋などを少ない投資予算で再生してみませんか?誰もが見過ごしてきた空き家の中には、地域住民も気づいていない歴史的な価値を持つ古民家も多く存在しています。こうした古民家に手を入れたり、加えることで宿泊施設としての価値を高め、地域への経済効果を生んでいる例も多くあります。古民家の再生・活用により、国内外問わず観光客が増加し、観光産業を中心に雇用を含めた地域経済の活性化などにより移住・定住者の増加も期待できるという側面があります。

あなたのお家を有効活用

全国で宿泊施設のみならず多種多様な形態で古民家の再生に取り組まれる例が増えていますが、人口減少地域に賑わいが戻ったり、空き家や商店街の空き店舗が改修・活用されて本来の街並みを取り戻したり、とその効果は地域全体に波及しています。古民家や町家が宿泊施設として再生されることは、訪日外国人観光客にとっては日本でのかけがいのない体験ができる場となり、リピーターにもつながりますし、古民家を上手に活用すれば、素晴らしい街や集落ができる可能性もあります。古民家が並ぶ歴史的な街並みは観光資源となり、地域の魅力を国内外に知らしめることが可能になるとともに世界からの観光集客にもつながることでしょう。古民家の再生がまちづくりの鍵を握っているともいえます。

古民家が貸しに出される理由

多くの方が貸しに出される代表的な理由を挙げています。
長年空家であったものを有効的に活用することにより、町並みや地域に貢献することにもつながります。

  1. 理由1

    空室だが思入れがあるため手放したくない。

  2. 理由2

    相続問題があり、手放しにくい

  3. 理由3

    再建設不可であったりボロボロなので、売りにくい。

  4. 理由4

    将来的には住むつもりなので、使わない間に有効活用したい。

貸し出されるには理由があるのです!
PAGE TOP